介護施設で活躍するボランティア

高齢化社会進み、超高齢化社会とも言われる日本においては介護問題は誰しもが経験する可能性のある社会問題になっています。



歳を重ねても元気に過ごしていたとしても、体調不良や店頭による骨折など些細なことから入院したり寝たきりになってしまう高齢者は決して少なくありません。



在宅介護が困難な場合は介護施設を利用する事によって、日常生活に必要な介護支援を受けながら安心して生活をしていくことが出来ます。介護保険法の施行により数多くの介護施設が開設されてきました。
入浴や排せつ、食事介助を始め介護職員の仕事は多岐にわたります。


介護の重度化が進み、認知症を患っている要介護者も少なくありません。

どの介護施設においても職員配置は決して余裕があるわけではありません。

OKWaveについての情報を簡単に探すことができます。

利用者3名に対して1名の職員配置が基本として設けられていますが、日勤帯の時間帯で考えれば9名のユニットが基本のグループホームなどでは、早番や遅番のシフトを組めば3人の職員が揃って介護をできる時間帯はほとんどありません。そのような配置の中で入浴や排せつ、食事介助や掃除、洗濯、事務仕事など様々な仕事を実施していかなければいけないのです。

介護には寄り添うケアが大切であると言われています。


認知症を患う高齢者は、様々な不安を抱えながら生活をしています。その不安の訴えが一日に何回も繰り返して職員に向けられることも少なくありません。
職員としても側に寄り添ってゆっくり話を聞いたり、一緒に散歩に出かけで近隣を歩いたりなど高齢者一人一人に対して時間を費やすケアを望んでいます。

しかしながら、日々の仕事量や現状がなかなかその時間を作ることを困難にしています。

この様な状況の中で、介護施設では様々なボランティアが活躍しています。
傾聴ボランティアは、利用者の話をゆっくり聞いて会話を楽しむ時間を作ってくれます。


普段職員とゆっくり話す機会を持てない高齢者は定期的に訪れるボランティアの来所を楽しみにしている人もたくさんいます。

その他、音楽ボランティアや踊り、絵手紙などのレクレーションや余暇活動を支援するボランティア団体もあります。

利用者の趣味活動の支援として生活の質を向上させる効果もあります。

関連リンク

介護施設の中で自分らしく生きる


歳を重ねてもいつまでも元気に過ごしたい。そのような願いは誰しもが持っている願いともいえます。...

介護施設の選択に迷ったら


介護施設には様々な種類があるため、いざ利用する際には、どの施設を利用すれば良いのかを迷ってしまうかもしれません。ただせっかくお金をかけて施設を利用するわけですから、自分に合った介護施設を利用することが望ましいです。...