介護施設の選択に迷ったら

介護施設には様々な種類があるため、いざ利用する際には、どの施設を利用すれば良いのかを迷ってしまうかもしれません。
ただせっかくお金をかけて施設を利用するわけですから、自分に合った介護施設を利用することが望ましいです。
まず、実際に介護施設の利用が必要な状態になる前に、ある程度、自分が住んでいる地域内にある介護施設を調べておくことが望ましいです。


社会福祉法人や地方自治体などの公的機関、あるいは民間企業が運営している施設など様々あり、それぞれ入居一時金の有無や料金、月々の利用料金に大きな違いがあります。

気軽にOKWaveを求める人にお勧めしたいサイトです。

ですから、それらを調べておくだけでも自分が利用したいと思う施設、また必要な料金などが想定でき、実際に利用する際に慌てずに済みます。次に実際に利用する必要性に迫られた場合です。
この場合、介護保険の適用を受けるために、要介護認定を受けるのが一般的な流れです。そしてその後、ケアマネージャーに介護計画書を作成してもらいます。

介護計画書とは、その人の要介護認定、またその人の目標や希望、家族の要望などを踏まえた上で、どのような介護を受けるのが望ましいか、どのような施設を利用するのが望ましいかと言ったことを記した書類です。

ですから、介護施設の選択に迷った際には、このケアマネージャーの力を借りると言うのもひとつの方法です。
ケアマネージャーは全くの他人です。ですからその人に対して、自分の気持ちや要望、また介護状態などを知られるのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。



ですがそれらを明確にケアマネージャーに伝えておかないと、的確な介護計画書作成は難しくなってしまいます。



よってそれらは正直に、はっきりと伝えることも、選択においては重要なポイントです。

関連リンク

介護施設の中で自分らしく生きる


歳を重ねてもいつまでも元気に過ごしたい。そのような願いは誰しもが持っている願いともいえます。...

介護施設の選択に迷ったら


介護施設には様々な種類があるため、いざ利用する際には、どの施設を利用すれば良いのかを迷ってしまうかもしれません。ただせっかくお金をかけて施設を利用するわけですから、自分に合った介護施設を利用することが望ましいです。...